『分骨』という遺骨の埋葬方法があるのをご存知でしょうか。この『分骨』は読んで字の通り、遺骨を分けて複数の霊園に埋葬することを指します。何故わざわざそのようなことをするのかと思う方もいらっしゃると思います。『分骨』をする理由は様々です。たとえば、現在、埋葬をしている墓地のお寺と上手く関係が築けていないので、お寺との関係をこじらせないようにお墓を変えたいとか、あるいは墓地の場所が自宅から離れすぎているためなかなかお墓参りが出来ないので、近くのお墓でお墓参りが出来るようにしたいとか、親の遺骨を兄弟姉妹それぞれのお墓に埋葬したいなどの理由が挙げられます。これらの理由に共通をしているのは、故人を真心を込めて供養できるような環境に整えたいという思いがあるという点です。それでは『分骨』はどのように実施すればよいのでしょうか。『分骨』は勝手に遺骨から一部を取り出したとしても、その遺骨を新しいお墓に納骨をすることは出来ません。

『分骨』をするためにはいくつかの手順を踏まなければならないのです。まず、現在の墓地の管理者に『分骨証明書』の発行を依頼します。そして、石材店に墓石を動かして遺骨の一部の取り出し作業を発注します。なお、この時に分骨用の骨壺を用意する必要があります。分骨先の霊園の管理者に『分骨証明書』を提出して、納骨を実施します。以上の手順は既に遺骨が墓地に埋葬をされているケースを想定をしていますが、埋葬前に分骨をすることももちろん可能となります。手順としては、まず火葬場の管理者に『火葬証明書』という書類を必要な枚数分発行をしてもらいます。次に火葬場で骨壺に分骨をしてもらいます。そして、分骨先の霊園で納骨をする形となります。火葬場での分骨の場合は、葬儀社に事前に分骨をする旨の申し出をしておけば、分骨用の骨壺の手配や火葬場への『火葬証明書』の発行依頼を代行してくれることもあります。ここまで、取り出した遺骨の一部を他の霊園に埋葬をするお話をしてきましたが、埋葬をせずに手元においておいたり、あるいはペンダントなどのアクセサリーとして常に身に着けておくということももちろん可能となります。

以上のように、しっかりとした手続きさえ踏めば、どのような状況でも『分骨』をすることは可能となります。お世話になった故人の供養について、頭を悩ませている方は、新たな供養の方法として『分骨』をするということも視野に入れてみてはいかがでしょうか。